モザイク工房

昨日はいつもの「フィレンツエで仕入れ」に行ってきました。
また雨っっっ!! イタリアの冬は雨が多い・・・・ ほんっとにじめじめが
多くて、そしてその上寒いので、ホネのズイまでじめじめ、
さっむ~~~~いのです。  とほほ。 春はいずこへ・・・

そんななか、ふと寄った、モザイク工房が面白かったです。

イタリアはシチリアをはじめ、トスカーナは、大理石とか、鉱石がたくさんあります。
そういうことから、鉱石を使った、工芸も盛んです。

いつも通ってた路なのに、今回中に入るのは初めてでした。 というのも、
もともとは、修道院だったような、教会のような場所で、以前は修道士たちが
いた気がするんですが・・・ で、昨日ほんとに、「へ?モザイク?」
って感じで、覗いたんです。

ここが入り口。 建物も、もちろん中世時代からのものです。 
裏からひょこっと、中世時代の人がでてきそうな雰囲気。
e0228162_1731177.jpg


中に入ると、がらんとした、広い部屋に、二つほど、大きい作業場があって、
そこで作業していました。
親切なおじさんがでてきて、詳しく説明してくれました(^^)

日本用のブログをやってるんですが・・・ 写真とっていいですか??
というと、うれしそうに、

「AH、DAVVERO? BENE,BENE!」 ほんと? いいよいいよ!と
快くOKしてくれました(笑)

e0228162_1795687.jpg


まず、石選びからで、自然の模様に合うような、題材を選んで、そこから紙に絵を描き
そして、石にうつして、おおきな弓のようなのこぎり?に歯の代わりに鉄線をつけて
石の削り粉を線につけて、削りきるらしいです。 で、絵の枠を切り取り、
貼っていって、ひとつの作品にするんですね。

e0228162_17103621.jpg


ふと、裏の方から、ちっちゃい子どもの泣き声が、聞こえてきたので、奥を覗くと、

「Mio figlio è sposato con la giapponese!」 息子が、日本人と結婚してるんだよ!
と言って、お孫さんを見せてくれました♪ 

あら、ゆ~ゆと同類?の マダレナちゃんでした。 年も近い、15ヶ月だそう。
かわいいね! でもおねむで、ちょっとぐずってました。

e0228162_17214943.jpg


今度、ゆ~ゆを連れて、遊びに来ますね~、と、お礼をしてモザイク工房を後にしtました。

昨日はお昼にLampredottoのパニーノを友人と食べました。 ランプレドットは
フィレンツエに行ったら、ぜひぜひ、食べてみたい代表的なモツ料理です。
昨日はフィレンツエの有名なイノシシ PORCELLINO がいる、シニョリア広場から
3分ほどあるいたところにある、マーケット広場のかどっこにある、パニーノやさんで
いただきました。
e0228162_17463956.jpg


e0228162_17473548.jpg

e0228162_17475534.jpg

頼む時は、 con salsa verde e piccante! が、定番!
サルサベルデはグリーンソース、イタリアバジルのソースとピッカンテはチリソース、
をたのむのが、フィレンツエ風!!です。

そんなことをしていると、あらあら、もう真っ暗。 駅へむかうバスにのって
帰りの電車に乗りました。 今日の電車はポンテデラで乗換えだーーーーーー
(カシナって、あんまり電車がとまらないのよね・・・・・)
[PR]
by orafa-aki | 2011-02-18 17:52
<< MIELE-MAN (はちみつ... フィレンツエ彫り >>